鳥取県の境港中野港で夜焚イカ釣り 鯛ラバ 餌釣り ジギング 等の仕立船/乗合船の第二光洋丸。 全国的にも有名な鳥取県境港から出船!たくさんの魚が豊富な日本海へご案内致します。

ジギングの釣り方

使用タックルと仕掛け

ジギングロッドはスピニングとベイトの両タイプがあります。比較的水深が浅い場合やナブラ打ち(攻める)の場合は、スピニングタイプを使い、深場を使う時に両軸タイプをチョイスする。メインラインとショックリーダーの太さは攻めるポイントで変え、根がキツイ場所ほど太くなります。

メタルジグのバリエーションとウエイト

メタルジグは形状の違いで特性が変わるので、ポイントをどう攻めるかを考えて選ぶのが基本です。ウエイト(重さ)は攻める水深や使用ラインで決めます。潮の流れなど不確定要素があるからズバリの答えはない。一応の目安は表の通りです。

ロッドをシャクってメタルジグを小魚が逃げる様子を演出

ボトムまで落としたメタルジグを、上へ上へとシャクリ上げながら魚を仕留めるジギング。あたかも活きた小魚が逃げ惑うようにジグを動かし、魚を騙して食わせるかけ引きはスリリングです。基本的にルアーまでは1本のライン。魚本来のパワーも体感できるのが、この釣り醍醐味でもあります。

ボトムから表層まで探ることができるので、ターゲットは多種多彩。青物をはじめ、根魚からマダイ、マグロ、サワラにシーバス、タチウオまでオーケー。シャクリ方次第で、これらを釣り分けられるのも魅力のひとつです。

シャクりの基本はワンピッチ、ワンジャーク

シャクリのパターンは、ロッドの振り幅、スピード、リールの巻き上げ回数の組み合わせで無限となるが、ビギナーはまず基本のワンピッチワンジャーク(リールのひと巻きで1回シャクる)です。

ロッドの振り幅を1mくらいにして、シャクった後に1回リールを巻く。これを自分がやりやすいスピードで行うだけだ。ジグは左右に動きます。

慣れてきたら、スピードやリールを巻く回数を変えてジグアクションのバリエーションを増やしましょう。

ジギングには2通りの攻め方がある

水深があるポイントはバーチカル(垂直に落とす)で攻め、浅い場合は軽くキャストして探るのが一般的。バーチカルはポイントを直撃できるメリットがあり、キャストは横引でタナを広く探れる効果があります。

カンパチ、ブリ、ヒラマサに効果的なシャクリパターンがあるので紹介しておこう。これらのパターンは、シャクリを代表するものばかり。他の魚を探る時にも役立つので必ずマスターです。

もちろん、このメソッド(釣り方)にアレンジを加えても良し。シャクリに正解はないし、魚がスレた場合は、むしろアレンジが必要となります。

ヒラマサに効果的“平戸ジャーク”

シャクリ幅を大きくとるロングジャークをアレンジしたシャクリ。ロッドティップを海面から頭の上までもっていくように、大きくゆっくりシャクります。その後1m程度ラインを巻きとりながら竿先を海面まで下げ、最初の動作に戻り、同様に続けます。

海中でのイメージは、大きくダートしながら浮上した後、ヒラを打ちながら1m落ち、その後また大きくダートしながらの浮上します。

ブリに効果的“コンビネーションジャーク”

シャクリ幅を大きくとるロングジャークとシャクリ幅の小さいショートジャーク、さらに、ただ巻き(ただ単にリールを巻くのみ)をミックスして誘う。ジグでボトムをとったら、まずはただ巻きで素早く根を切り、その後ロング、ショートを織り交ぜて誘います。

ヒットはシャクリを変えた瞬間にやってくることがよくあります。素早くアワセてしっかりフッキングです。

カンパチに効果的“ジャカジャカ巻き” “ショートピッチジャーク”

シャクリ幅の小さいショートジャークをスピーディーに、かつメリハリをつけて行うのが“ショートピッチジャーク”。カンパチはこの小刻みに動く誘いに滅法弱い。またシャクリと巻き上げを同時に素早く行い、真上にジグを上げる“ジャカジャカ巻き”が実績大です。ジャカジャカと音が鳴るのが名前の由来で誰でもかんたんにできるお手軽メソッドです。

 

 

 

釣れる!と人気急上昇!インチク&ラバージグ

ハードルアーとソフトルアーが融合したインチクと、漁具のタイカブラを改良したラバージグ。どちらもボトムから巻き上げるだけのお手軽メソッドで、魚が食ってきます。インチクの対象魚は青物、根魚。ラバージグはマダイがメイン。ジギング釣行の際、バッグに忍ばせておくべきルアーです。